光脱毛の痛みはどれくらいなの?デリケートゾーンも脱毛可能か

痛みが強いと一般的に言われている光脱毛は電気針で行う脱毛よりは痛みも少ないようです。

 

でもどれくらい痛いのか気になりますよね。

 

デリケートなVIOラインは脱毛できるのでしょうか?

 

光脱毛の標準的な痛さ

 

基本的に現在はほとんど痛みは無くなっているというのが現実です。

 

ただ毛根が少し深い部分にあったりすると、痛みを感じる場合があります。

 

フラッシュ脱毛よりレーザー脱毛の方が強い光はあたります。

 

痛みはやや強く感じますが、痛みを感じたとしてもゴムを引っ張ってパチンと当てた程度と表現する人もいます。

 

ほんの少しだけ、表面がピリッとするという感じの痛みです。

 

痛みも個人差があり、かなり限界という人も居るのは確かです。

 

クリニックで行う場合は麻酔クリームを使う事ができるので、痛みに特に敏感な人はクリニックも選択の1つでしょう。

 

肌にダメージがある場合や体調のすぐれない時には、人によって痛みを強く感じたり施術後にトラブルがある場合もあるので必ず確認してから行う事です。

 

デリケートゾーンの脱毛

デリケートゾーン

 

気になるデリケートゾーンで、サロンによっては行わない場合があるのがIゾーンです。

 

特にフラッシュ脱毛は、範囲を広くとっているので手軽に広範囲の施術が可能なのですが、逆にIゾーンの様に、狭い範囲に粘膜があると光が当たる危険性があるので行わない事もあります。

 

乳首や目の上などは行えません。

 

Vゾーンは施術出来ますが人によっては痛みが強いです。

 

よく冷却してから行うなど施術には丁寧なケアを行い、痛みが強い場合は光の強さを抑えるなどの処置もあります。
光の強さを弱くするとその分効果もなくなります。

 

また粘膜や海綿体のすぐ近くなど、色が比較的沈着しているところは火傷をしてしまうので行えないと思っておいた方が良いでしょう。

 

細かい部分の脱毛は各サロンでカウンセリングを受けた上で、どの様な選択が可能なのかを考えてから決める事です。

 

各コースを申し込まなければ受けられないサービスなどもありますから、ご自身がどのコースをどう使ってどこを脱毛するのかカウンセリングで決めてから行う様にしましょう。